当院について

当院のロゴは、松原に吹くやさしい風をモチーフにしています。
その風は、人を包み込み穏やかな気持ちにさせてくれます。
心という漢字のシルエットを極限まで崩し、
鏡山、虹の松原、唐津の海をそれぞれ現しています。

概要

管理者名井上 素仁
病院概要

精神科病棟

270床(指定病床数 15床)

 

その他病床数

0床

 

看護配置

15対1入院基本料

保有施設精神科応急入院施設
精神科作業療法施設
精神科デイケア施設
地域型認知症疾患センター(河畔病院)
介護老人保健施設(認知症専門病棟)/ケアハイツ虹
連携病院唐津赤十字病院

病棟案内

1病棟60床(保護室・観察室4床含む)男女混合閉鎖病棟
2病棟60床(保護室・観察室2床含む)男女混合開放病棟
3病棟60床男女混合開放病棟
5病棟42床急性期ゾーン(閉鎖) 15床
ストレスケアゾーン(開放) 27床
急性期病棟
6病棟48床高齢者・認知症病棟

沿革

昭和29年 10月唐津保養院 開設(25 床)
38年 7月野球部 発足
46年 8月管理棟、病棟増築(326 床)
47年 10月病院機関紙 松籟 発刊
48年 8月厚生施設付属保育園 開設
49年 10月女子寮 新設
53年 11月医療法人 唐津保養院へ法人化(理事長 井上安郎)
54年 10月病院歌 発表
56年 10月医療法人 松籟会へ名称変更
57年 11月医療法人 松籟会 河畔病院 開設
59年 3月松籟会付属保育園 新築
60年 11月精神科作業療法 開始
平成元年 7月医療法人松籟会 井上克己 理事長就任
11月老人性認知症疾患センター 開所
3年 5月訪問看護 開始
6年 1月基準看護精神特1類(1)認可
10年 4月医療法人松籟会 介護老人保健施設ケアハイツ虹 開設
12年 4月医療法人松籟会 唐津保養院 井上素仁 院長就任
16年 11月改築により 294 床
18年 10月精神科デイケア 開始
22年 12月唐津保養院から松籟病院へ名称変更
改築により 270 床
28年 6月1日訪問看護ステーション開設
このページのトップへ